20万円で買える、ここから上抜け期待のマザーズ銘柄はコレ!?

マザーズの追い上げが始まった

藤本 誠之
完全に出遅れていたマザーズ指数が先週末から日経平均をアウトパフォームしてきた

 まいど、相場の福の神こと藤本です。株式相場で勝つには「半歩先読み」が重要です。

 トランプラリーで、日経平均株価が1万9000円を超え年初来高値を更新する中、出遅れていたのが東証マザーズ指数です。しかし、先週末の9日から、ついに東証マザーズ指数が日経平均株価をアウトパフォームしてきました。

 その前日の12月8日には自動運転システムなどのロボットベンチャー、ZMP が、今月19日に予定していた東証マザーズへの上場を延期すると発表しました。このZMPのブックビルディングに積まれていた資金や、ZMPの初値を買うための待機資金が上場延期で宙に浮いてしまい、既存の東証マザーズ銘柄に資金が流入したためのようです。

画像を拡大
東証マザーズ指数と日経平均株価の比較チャート(3カ月)

 この2日間の上昇によって、東証マザーズ指数は25日移動平均線を突破。50日、100日移動平均線を目前にしています。特に強い上値抵抗線であった100日移動平均線を抜ければ、ある程度息の長い上昇相場が期待できそうです。

 そこでリバウンド相場が期待できそうな東証マザーズ銘柄の中から、20万円以内で買える「25日移動平均線を抜けてきた出遅れの東証マザーズ銘柄」を、以下のスクリーニング条件で検索してみました。

スクリーニング条件
1. 東証マザーズ上場銘柄
2. 最低投資金額が20万円以下
3. 5日移動平均線乖離率が0%以上
4. 25日移動平均線乖離率は0%以上5%未満

 この条件で検索すると、以下の40銘柄が抽出されました。この40銘柄の中から、相場の福の神が特選した3銘柄をご紹介いたしましょう。

ページトップ