高値づかみするのは誰? 「急騰相場」で損する人の特徴

過熱感を見極めよう

清水 洋介

 「トランプラリー」と言われ上昇した株式相場もそろそろ上値が重くなってきた。「目先的な過熱感」が理由とされているが、どこまで過熱感があるのかは終わってみなければわからない。株式投資で利益を出すことは、あとからチャートを見ると簡単なように思えるが、実際にその場にいるとわからないことが多い。

 今回の上昇相場でも「もういいところだろう」と思う局面が何度もあったが、上昇が続いた。そして、上昇が止まったと思っても、下落することなく買い直されることが繰り返されてきた。ただ、いつまでも上がる相場はなく、いつかは上昇が止まり調整となる。調整のタイミングをしっかりと予想することが重要だ。

 「騰落レシオが120%を超えて過熱感がある」というように、すぐにでも下がるのではないかといった声も聞かれる。しかし、こうした指標は本当の見方を知っていないと、まだ上昇が続いている中で売ってしまうということになりかねない。

 「トランプラリー」は、「トランプ大統領になると大変なことになる」との事前報道から、信用取引の売りが増えていたことが株価上昇の要因となった面もある。「騰落レシオ」についても同様で、過熱感があるということで売りが積み上がった反動で、ここまで急騰しているのだろう。

 騰落レシオは120%を超えたら割高水準と言われており、あたかも「売りシグナル」のように勘違いされている。しかし、本当のところは120%を超えたところが売り場ということではなく、「高値」となったところを見ると「120%を超えていることが多い」といっているだけにすぎない。「○○だから売らなければならない」というような報道に惑わされないようにするといい。

「押し目待ちに押し目なし」

 同様に「押し目待ちに押し目なし」という相場格言も、勘違いして使われているのではないか。今回の上昇相場のような急騰となると、「押し目」など作らずに一気に上昇してしまう。そのため、とりあえず買えるものを買っておこうという雰囲気になる。しかし、こうした急騰相場の時ほど往々にして最後に高値づかみをしてしまい、塩漬け株を作ってしまうケースが多い。

ページトップ