16年相場で最も驚いたのは、あの大型株の仕手化

独断と偏見で選ぶサプライズトップ3

岡村 友哉
米国ニューヨーク・マンハッタンのセントラルパーク入口の広場でも「ポケモンGO」に興じる人の姿が目立った

 当連載の2016年最終回ということもあり、「16年に驚いたことトップ3」を独断と偏見で選びたいと思う。本当はブレグジット(英国のEU離脱)、マイナス金利、トランプラリーにしたかったが(あと「神の手」とか)、あえてそれ以外でトップ3を挙げてみたい。

 まず、独断と偏見で驚いたこと第3位は……「祝・東証1部銘柄数2000社突破」にしたい。26日時点で内国株式の東証1部銘柄数は2005。上場企業というだけで「社会的信用が高まる」といわれる。その頂点である東証1部銘柄が2000社を超えたわけだ。東証の全上場銘柄数は3544社だが、そのうち半数を超える57%が東証1部銘柄である。信頼と安心の(?)東証1部企業が日本に2000社以上も存在するわけだ。

 15年末の東証1部上場社数は1934銘柄だったため、71社の純増。新規株式公開(IPO)で16年に東証1部銘柄へ加わったのは九州旅客鉄道(JR九州、9142)LINE (3938)など8社で、残りのほとんどは東証2部や東証マザーズ、ジャスダックから鞍替えした企業である。新興株に絞って見ると、16年に東証1部へ市場変更になった銘柄はマザーズが29社、ジャスダックがわずか5社と大きな開きがある。実はここに問題がある。

 東証と大証が統合されてマザーズとジャスダックの垣根は実質的にはないように思うが、東証1部への変更基準に大きな違いがある。いちばんの違いは「時価総額(市場変更時見込み)」だ。マザーズが「時価総額40億円以上」であるのに対し、ジャスダックは「時価総額250億円以上」である。

 “東証1部上場企業”の看板を手に入れるためのハードルは、マザーズを経由するほうが圧倒的に低いのだ。その結果、今年何が起こったか……。極めて利益水準が小さいままで東証1部銘柄になれちゃった、というような超スモール東証1部銘柄が続出したのである。

記事中の会社を詳しく見る

任天堂 (7974)

ページトップ