会社四季報オンライン

Top

日ロ協力が進むとモスクワに東京駅ができる!?

シベリア鉄道に馳せる思い

2017年01月10日

菅野 泰夫

(写真:ユウ/PIXTA〈ピクスタ〉)

 昨年12月の15、16両日にわたって日ロ首脳会談が行われた。安倍首相とプーチン大統領の共同記者会見では、北方四島の共同経済活動の実施に向けた協議を始めるなど、平和条約の締結へ向けた第一歩を踏み出すことで合意したことが発表された。賛否両論はあるが、今後の両国企業のビジネス活性化や、戦後70年以上結ばれていない平和条約締結に少しずつ前進しており、日ロ間の新たな関係発展に期待したい。

 事前の報道では、共同経済活動プランに「シベリア鉄道の北海道延伸案」というびっくりするような壮大な計画が含まれている可能性も指摘されていた。シベリア鉄道とは主にモスクワと極東のウラジオストクまでを1週間かけて結ぶ、世界で最も長い鉄道として知られている。この路線の一部をアジア大陸と樺太(サハリン)の間にある間宮海峡(最狭部は約7キロメートル程度)および北海道の最北端にある宗谷海峡(同約40キロメートル程度)と橋またはトンネルで日本まで結ぶという壮大な計画である。

 すでに「フィージビリティスタディは終了している」との話もあり、計画をスタートさせるのは可能といわれている。宗谷海峡の最深部は70メートル程度と浅く、しかも津軽海峡を結ぶ青函トンネルの距離よりも短いため、技術的には問題なくトンネルで結ぶことができるそうだ。

 ただ、この壮大な計画には問題が山積みであり、そう簡単に実現できないことは誰もが理解している。貨物輸送以外での利用が多くはなく、極東地域への観光利用のニーズも未知数で、採算は度外視と言える。

 日本の鉄道とロシアのシベリア鉄道では線路幅の規格自体が異なるのも問題の一つである。ほかにも国境の整備やトンネルの維持管理費を両国どちらが負担するのかなど、クリアしなければならない点を挙げたらきりがない。

コラムを順に読む

この記事をシェア

記事アクセスランキング
1 <四季報読破邁進中>やっぱりカギは日産自動車?

「EVシフト」の源流を四季報で探ってみた

2 <怪情報>立会外分売と好業績が根拠

「マザーズから1部上場」観測流れる銘柄は?

3 <厳選注目株>国策による変革期

教育現場のICT推進で、強く追い風受ける銘柄

4 <厳選注目株>押し目買い好機続く

DNP系のSI大手、五輪に向け種まき着々

5 <厳選注目株>欧米の建設需要取り込み

セクター内で割り負け、好業績の出遅れ銘柄

6 アジアの成長や欧州の改善を享受

決算発表の後半戦、注目の米国株5銘柄

7 <厳選注目株>実にシンプル

売買を繰り返せば何度も儲かる“魔法"の銘柄

8 冬のシーズンストック銘柄に注目

「糖と歩む」創業105年の老舗ブランドが熱い

9 <来週の物色動向>プレミアムとブラック

24日のWフライデーに笑うのはこの2銘柄

10 「大きい方が有利」と言っても…

投資信託、純資産総額の「適正規模」を考える

ゲスト
お申し込み