日本ハウスが17年度からの単体3カ年計画を策定

営業利益は3年後に2.4倍目指す

堀越 憲二
2017年01月11日

 在来型注文住宅大手の日本ハウスホールディングスは、連結売上高の80%(2016年11月期)を占める単体の中長期計画のうち、第1段階(11年10月期~13年10月期)の3カ年計画「ホップ編」、第2段階(14年11月期~16年11月期)の「ステップ編」が終ったため、今17年11月期~19年11月期の第3段階「ジャンプ編」を推進していくと発表した。……

¥ この記事は有料コンテンツです。
ベーシックプラン以上にお申し込みいただきますとお読みいただけます。

記事中の会社を詳しく見る

日ハウスH (1873)

ページトップ