会社四季報オンライン

Top

17年大発会の大商いは相場の潮目のシグナル?

「始めよければ…」との判断は早計

2017年01月11日

岡村 友哉

ロケットスタートとなった2017年相場だが…(撮影:尾形文繁)

 「トランプラリー」と称される大相場(短期間だが……)を経て、2016年が閉幕。終わりよければすべてよし的な1年だった。そして、始まった17年。1月4日の大発会は記録ずくめのブル相場に。「始めよければ終わりよし」。そんなポジティブシンキングを膨らませるには十分な出足になった。

 今年の大発会の日経平均株価は前年末比479円高だった。この上げ幅は、大発会としては1996年(749円高)以来、21年ぶりの大きさだったそうだ。日経平均は同184円高で寄り付き、東京時間にグイグイと上げ幅を広げた。東京時間の上昇分は295円に達した。

 東京時間の上昇は、多くの市場参加者の心配が杞憂に終わったことが大きいといえる。昨年の大発会の急落(そのまま、大発会からの連敗では過去最長の6連敗)が記憶に新しく、そのトラウマから、下げに備えてポジションを作っていた投資家が相当多かったようだ。

 これは、東証1部のカラ売り比率にも表れている。同比率は昨年12月29日、トランプラリー以降で最大の41.07%まで急上昇していた。だが、大発会では36.51%まで低下しており、現物株サイドでも相当な買い戻しが入っていたことが想像できる。

 大発会の値上がり自体、13年以来4年ぶりのこと。先制攻撃に成功したこともあり、「さあ行くぞ!」の機運は高まった感じもある。ただ、大発会が下落していた直近の3年は、年間で見るといずれも日経平均が上昇して終わった。大発会の値上がりだけを理由に「始めよければ終わりよし!」とまでは言い切れないようだ。

 21年ぶりの上昇幅という記録についても、「なんだかスゴい」感を演出し過ぎないほうがいいだろう。なぜなら、その過去最強の大発会だった1996年にしても、年間では日経平均は506円値上がりしたからだ。これが伏線になったのか、その翌年の97年は年間で4102円安の大暴落に見舞われた。

 日経平均の最高値は89年大納会の3万8915円。その後の戻り高値2万2750円を記録したのは、過去最強の大発会となった96年だった。これをネットでよく使われる言葉で表現するなら、“フラグが立った”というやつに見えなくもない。

コラムを順に読む

この記事をシェア

記事アクセスランキング
1 <厳選注目株>実にシンプル

売買を繰り返せば何度も儲かる“魔法"の銘柄

2 <来週の物色動向>相場のことは相場に聞け

チャートをにらんで調整後の値頃感を探れ

3 <厳選注目株>大口が買い出動か?

これぞ暴落相場の赤札銘柄、逆行高につく!

4 米国の物価の一段上昇は波乱要因

株高支える「低インフレ」はいつまで続く?

5 下げ続けるとは考えにくい

日経ダブルインバースにはあくまで短期投資

6 <厳選注目株>下落トレンド終了!?

有望バイオ医薬品の3相試験開始で動意付く

7

11月9~15日の業績予想更新銘柄一覧①

8 増額予備軍を先取り!

第2四半期決算の「営業益進捗率」ランキング

9 <厳選注目株>日経新聞は減益との観測だが

「売られると好反発」で今日にも仕込み場!?

10 現在の需給環境をひも解く

活況の世界経済、原油価格は今後どう動くか

ゲスト
お申し込み