古河電気工業が自動運転向け周辺監視レーダーを日本製では初めて量産開始

木村 秀哉
2017年02月02日

古河電気工業は自動車の自動運転システムに必要な「周辺監視レーダー」の本格量産を開始した。本格量産開始した周辺監視レーダーはパルス方式を採用、さまざまな環境下で対象物を正確に認識し、データの安定性を高めたもので、世界トップレベルの検知性能と安定性をもつものだ。……

¥ この記事は有料コンテンツです。
ベーシックプラン以上にお申し込みいただきますとお読みいただけます。

記事中の会社を詳しく見る

古河電工 (5801)

ページトップ