きょうの動意株

東芝は4日続落、人材流出による企業価値減少も懸念

6502 東芝 株価チャート
10/20
15:00
時点

335

前日比
-6(-1.76%)

年初来高値 347.0(17/10/16)
年初来安値 178.0(17/02/17)

東芝(6502)は4日続落の始まりで200円を割り込んでいる。一時は193円台まで下げ、昨年3月17日以来11カ月ぶりの安値水準。午前9時41分時点では前日比8.1円(4.0%)安の194.6円となっている。

 米原子力事業の巨額損失の影響で2017年3月期末時点で債務超過が回避できなければ東証1部市場から2部市場へ指定替えとなる公算が意識されており、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)に連動する運用を目指すファンドなどからの売り圧力が強まることを警戒した売りが継続している。

 きょうは従業員の給与減額などの緊急対策を17年度も続ける方針を労働組合に提示したと伝えられており、人材流出による企業価値の減少を懸念する投資家も増えているもよう。時価総額は日立製作所(約3兆円)の3分の1以下の8200億円レベルまで縮小してきた。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 6.75倍 PBR -2.57倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証二部 売買単位 1000 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

東芝 (6502)

ページトップ