会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

「一風堂」は? 3月IPOの"短期勝負"に挑む4つのポイント

人気沸騰のIPO市場

西堀 敬
tashatuvango / PIXTA(ピクスタ)

 2017年のIPOは、2月末までに6社が上場した。足元では米トランプ大統領の議会演説をきっかけに膠着状態から抜け出しそうな日経平均だが、1月から2月は全体相場の動きが鈍かった。しかし、そのような中でも、IPOした6社の初値騰落率は平均で131%と絶好調となっている。

 そして3月にIPOする22銘柄が出そろった。今回は3月IPO銘柄を対象に、中長期的に成長する銘柄ではなく、「上場当日から数日間のトレードで狙える銘柄選び」をご紹介していきたい。

 まず、17年のこれまでのIPO株の初値パフォーマンスを見てみよう。アベノミクス相場が本格化した13年以降では初値騰落率が最高水準となっている。1月、2月にIPOした6銘柄は小粒のIPOだったこともあって、初値が好調だったともいえる。3月に入ると大型IPOも複数あるため、この流れは変化してくると考えられる。

 IPO銘柄の初値が好調なのは、今に始まったことではない。仮に00年以降においてIPOする全銘柄を公開価格で買って初値で売った場合、通算して間違いなくキャピタルゲインを得ることができた。しかし、すべてのIPO銘柄を公開価格で手に入れることは不可能であり、それは誰しもが認めるところだろう。 

 ならば、初値を買っていく戦略の場合はどうだろうか。IPO銘柄の初値が高くなる傾向にあるのは、これまでも説明してきたので、投資家の皆さんには周知の事実だろう。初値騰落率が2倍になった銘柄の株価バリュエーションを見ると「PER(株価収益率)が高くてとても買えない」と感じる人が多いはずだ。

 しかし、現実には初値が高くなっても、その日のうちにストップ高まで買われている銘柄がそれなりに存在する。初値がついてほんの数十分でストップ高になりデイトレで儲けることができれば、投資家にとってハッピーな日と言えるだろう。

記事中の会社を詳しく見る

安江工務店 (1439) U&C (3557)
  • コラムを順に読む
東洋経済で見つける先取り有望銘柄

ページトップ