きょうの動意株

トーカロが3日ぶり急反発、今3月期収益増額でPER10倍に

3433 トーカロ 株価チャート
11/20
10:47
時点

5,030

前日比
+30(+0.60%)

年初来高値 5,210.0(17/11/09)
年初来安値 2,407.0(17/01/18)

 トーカロ(3433)が3営業日ぶりに急反発して今年2月1日に付けた昨年来高値をおよそ1カ月半ぶりに更新。午前10時42分時点では前日比200円(7.6%)高の2830円となっている。 

 昨日の通常取引終了後に今2017年3月期の連結業績と配当の予想を上方修正。これを評価した内外機関投資家や個人投資家などの買いが増加している。売上高は280億円から288億円(前期比0.2%増)に、当期純利益も29億7800万円から37億7000万円(25.0%増)にそれぞれ増額した。半導体・液晶分野向けを中心とした溶射加工の売上が予想を上回ったという。

 期末配当も従来の37.5円から47・5円に増やし、年間配当は85円とする。増額された1株利益248円を基にした昨日終値でのPERは10.6倍に低下。同年間配当利回りは3.2%に上昇してバリュエーション面からの魅力が高まった。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 19.38倍 PBR 2.49倍 予想配当利回り 1.79%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

トーカロ (3433)

ページトップ