ネットマーケティングの初値は公開価格を36%上回る1552円に

会社四季報編集部

 ジャスダックに上場したネットマーケティング(6175)の初値は、公開価格の1140円を36%上回る1552円となった。

 上場初日となる31日、初値をつけたのは10時06分だった。直後には1534円と伸び悩むも、その後は買いが集まり10時12分には1667円の高値もあった。その後は1600円前後でモミ合いとなっている。

 ネットマーケティングは2004年創業。アフィリエイト(成果報酬型)に特化した広告代理が柱。自社運営する広告効果計測ツール「ALLADiN(アラジン)」を用い、広告主に戦略立案から運用支援まで一環で提供するのが強み。育成中のメディア事業では恋愛マッチングサービス「Omiai(オミアイ)」、求人サービス「Switch(スイッチ)」運営。ユーザー課金、求人企業からの成果報酬等で稼ぐ。15年9月に上場を目指したが延期していた。

 17年6月期は、広告事業は既存顧客の案件をベースに成長続く。メディア事業は、マッチングサービスの累計会員数が16年12月末に180万人を突破(前期末比21.8%増)。つれてユーザー課金収入が増勢。調達資金はシステム改修等に充当。

 比較銘柄はVOYAGE GROUP(3688) 、フルスピード(2159) 、オプトホールディング(2389) 、GMOアドパートナーズ(4784) 、アドウェイズ(2489)など。

記事中の会社を詳しく見る

ネットマケ (6175)

ページトップ