きょうの動意株

東芝が4営業日ぶり反落、3度目の決算発表延期観測に警戒感

6502 東芝 株価チャート
10/20
15:00
時点

335

前日比
-6(-1.76%)

年初来高値 347.0(17/10/16)
年初来安値 178.0(17/02/17)

 東芝(6502)が4営業日ぶりに反落。午前9時43分現在、前週末比11.4円(4.7%)安の230円で、売買高および売買代金のランキングでは東証全市場でトップとなっている。これまで2度延期されている前2017年3月期の第3四半期(16年4~12月期)の決算発表について、期限である今月11日の発表が難しくなり、3度目の延期になる公算が大きくなっていると一部に報じられており、警戒感を誘っている。

 16年度から当社の監査を担当しているPwCあらた監査法人が米原発事業の巨額損失問題を巡り、15年度決算に関して疑義を唱え、期限までに決算の承認が得られない公算が指摘されている。先週には子会社の米ウエスチングハウスが米連邦破産法11条の適用を申請したほか、30日には臨時株主総会で半導体メモリ事業の分社化を決定。これらが前向きに評価される形で株価も31日には約1カ月半ぶりの高値水準となる250円まで買われる場面があった。きょうはその反動が出ている面もある。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 6.75倍 PBR -2.57倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証二部 売買単位 1000 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

東芝 (6502)

ページトップ