きょうの動意株

エンバイオが堅調、産業廃棄物の中間処理プラント運営開始を決定

6092 エンバイオ・ホールディングス 株価チャート
12/11
09:33
時点

2,096

前日比
-7(-0.33%)

年初来高値 2,485.0(17/11/29)
年初来安値 612.0(17/04/13)

 東証マザーズ上場で土壌汚染対策工事を手掛けるエンバイオ・ホールディングス(6092)が堅調。取引開始直後の午前9時に前日比8円(1.2%)高の698円まで上昇した。新たな事業として産業廃棄物の中間処理プラントの運営を行うことを3日引け後に発表し、材料視されたようだ。

 廃棄物や汚染土壌の適正な処理に対する関心が高まっていることを背景に、同事業の開始を決めた。孫会社に当たる関東ミキシングコンクリートを通して千葉県白井市に中間処理プラントを建設する。建設費用は約6億円で、今年8月ごろに稼働開始の予定。今2018年3月期業績に与える影響は軽微としている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 30.25倍 PBR 4.66倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証マザーズ 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

エンバイH (6092)

ページトップ