きょうの動意株

東芝反発、「特許侵害で調査」も週末でカラ売りの買い戻し活発

6502 東芝 株価チャート
10/20
15:00
時点

335

前日比
-6(-1.76%)

年初来高値 347.0(17/10/16)
年初来安値 178.0(17/02/17)

 東芝(6502)が反発した。午後2時14分現在、前日比2.6円(1.2%)高の217.4円で推移している。東証1部の出来高ランキングでトップとなる商いをこなし、一時は231.1円まで買われる場面があった。売買代金でも東証1部の4位となった。

 6日、米国際貿易委員会(ITC)は東芝製フラッシュメモリーが特許侵害の可能性があるとして、東芝本社とフィリピンにある関連会社を調査すると発表したが、米雇用統計が発表される週末ということもあって、カラ売りの買い戻しが活発化した。3月31日現在の信用取引は売り残増加・買い残減少と改善しており、信用倍率が1.06%と拮抗していることから取り組み妙味が指摘されている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 6.75倍 PBR -2.57倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証二部 売買単位 1000 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

東芝 (6502)

ページトップ