会社四季報オンライン

Top

調整はまだ不十分、1万8000円割れで打診買い?

新興市場の底打ち判断は、「そーせい」に注目

2017年04月13日

横山 利香

 日経平均株価は下値支持線にそった株価下落が続いていて、4月13日には一時1万8304円の安値をつけました。3月2日につけた高値1万9668円から7%の下落幅で、ぼちぼち投げ売りが出てきたというところでしょうか。

 それにしても、前回地政学的リスクが高まっているのが不穏だと懸念していましたが、米国がシリアにミサイル攻撃を行ったことで現実となってきています。過去の共和党政権を振り返るとそういう出来事があったので、可能性はあるかもしれないと想定していました。

 おかげで、ドル・円相場では引き続きドルが売られています。リスク回避的に円が買われ、かつ米国債が買われて利回りが低下し、そしてまた円が買われるという流れなのでしょうか。地政学的リスクもありますが、トランプ大統領の政策が実現できず、民主党政権が経済を押し上げてきた効果も徐々に賞味期限が切れるでしょう。そうしたことを織り込み始めているのかもしれません。

 個人的には、地政学的リスクが高まるかもしれないと金先物を購入していました。ただドルが円に対して弱いため、円ベースでの利益は相殺されてしまっているのは残念です。

 日経平均株価の今後の動きについては、いまだ暴落といえる下げではないと分析しています。短期的な暴落水準まであと数百円で、一瞬でも1万8000円を割り込みそうな地合いになれば下値拾いの好機と考えています。不測の事態ですから、様子を見ながら日経平均株価の妥当な株価水準を考えていきたいと考えています。

コラムを順に読む

この記事をシェア

記事アクセスランキング
1 この連騰劇はいつか見た光景?

日経平均の反落サインはココを見る!

2 <兜町怪情報> 今回は4銘柄

電磁波シールドに別の用途も、見直し買いか

3 初歩からわかる四季報OL活用術①

拾い読みで有望銘柄を見つけるテクニック

4 1部指定で10月末にTOPIX採用へ

IoT、ロボット開発で有望の中小型銘柄

5 <厳選注目株> 顧客企業の業種も幅広い

生産自動化が追い風、業績上振れのメーカー

6 モーターショーが刺激材料に

自動車業界特化の情報企業、世界展開を加速

7 変化が起こりうるタイミングは?

日経平均上昇相場、いったいいつまで続くか

8 まずはここを押えよう

これで完璧!スクリーニングのトリセツ

9 足元の業績も好調

開発中の「量子コンピュータ」に無限の可能性

10 高齢者向け配食サービスをFC運営

シルバーライフ(9262)の実力診断

ゲスト
お申し込み