会社四季報オンライン

Top

株価下落の「真犯人」は地政学リスクではない!

指数の動きに振り回されるな

2017年04月17日

清水 洋介

adam121 / PIXTA(ピクスタ)

 地政学リスクが取りざたされ、大騒ぎになっている。しかし、前回の連載で指摘したように、実際は「地政学リスク」で株価が動いているのではないと考えている。

 確かに円高に振れたように見えるが、先週末に米国の経済指標が芳しくなかったことや、トルコの独裁が強まるという懸念からの円高だと考えられる。結局、株式の「需給」ということであるが、日米など各国の金利政策は特に注目しておく必要があるだろう。

金利が株式需給に影響大

 ここ何年かの大きな流れの変化を見ていると、米国でのデフレ懸念、そしてQE(量的緩和策)、金融緩和から通常モードへの移行の動きなどが、株式市場には大きく影響している。もちろん、金融政策だけでなく、社会政策などの影響もあるのだが、「大きな流れ」という意味では金利が株式の需給に影響し、指数が影響されているということは否めない。

 足元では金融政策というよりは「地政学リスク」が大きく取りざたされているが、これまでの「ギリシャ問題」やスコットランド独立の是非を問う国民投票、英国の国民投票、そして米国大統領選挙なども、特に大きな変化に結び付いたわけではない。

 米大統領選挙は大きく変わったということが言われるが、実際には昨年12月利上げに絡む債券から株式へのシフトが相場の大きな上昇要因であり、「選挙」そのものではないと考えている。

 今回の下落も「地政学リスク」と言われているが、実際に何が変わったわけでもなく、当の紛争当事国よりも日本株が下落していることの説明がつかない。先週の下落のなかでも特に影響があったのが、トランプ大統領の「ドル安が好ましい」「低金利が好ましい」という発言であり、「地政学」というよりは金利や為替の問題ということだろう。

コラムを順に読む

この記事をシェア

記事アクセスランキング
1 1位東洋炭素、2位日本トムソン…

今から狙う「出遅れ割安」中小型株リスト

2 <厳選注目株> 待ち伏せ作戦で値幅取り

あの道路機械メーカーがブレーク寸前!

3 <厳選注目株>昨年もこの時期上昇

出遅れた増額期待銘柄、これから循環物色へ

4 初歩からわかる四季報OL活用術④

旬の相場テーマから関連銘柄を探すには?

5 <投資心得>円安後押しは期待できる?

株価が急騰の一方、為替が膠着している理由

6 <来週の物色動向> アパレル株が早くも動意

トランプ夫妻来日で矛先は「高級ブランド株」

7 相場は陶酔感の中で消えてゆくもの

高値に懐疑的な投資家、大天井はまだ先か?

8 この連騰劇はいつか見た光景?

日経平均の反落サインはココを見る!

9

10月12~18日の業績予想更新銘柄一覧

10

カーメイトが続騰、ドライブレコーダー付360度カメラに高関心

ゲスト
お申し込み