きょうの動意株

大興電子通信がストップ高、ATMなど向け新サービス開始を買う

8023 大興電子通信 株価チャート
10/20
15:00
時点

997

前日比
-5(-0.50%)

年初来高値 1,843.0(17/10/05)
年初来安値 180.0(17/01/04)

 東証2部の大興電子通信(8023)が急騰した。前引けは、制限値幅上限の前週末比50円(25.91%)高の243円ストップ高買い気配となった。いったん同値で値を付けた後も買い注文が流入しており、午前10時21分以降は値付かずのまま推移している。 

 一部で、ATM(現金自動機)やPOS(販売時点情報管理)端末向けに新たな通信サービスを開始すると伝えられたことが、買い材料となった。日本通信(9424)と提携し、携帯電話の通信網を使って顧客情報が流出する危険を低減するとしている。ATMなどはISDN(総合デジタル通信網)を使う場合が多いが、NTTグループが2024年にISDNのデータ通信を終了し、インターネットを活用した回線に移行するため、顧客への回線移行を促す。

 今年度中に1万回線の契約を見込むとしており、市場では収益拡大を期待した買いが活発化した。全体相場が冴えない中、為替に影響されにくい内需株であるほか、株価低位で手掛けやすいことから、目先筋中心に好材料に飛び乗る格好となった。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 31.35倍 PBR 3.40倍 予想配当利回り 0.30%
市場 東証二部 売買単位 1000 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

大興電通 (8023)

ページトップ