きょうの動意株

東洋合成がストップ高、樹脂硬化促進剤開発との報道を材料視

4970 東洋合成工業 株価チャート
10/23
15:00
時点

1,311

前日比
+75(+6.07%)

年初来高値 1,469.0(17/09/19)
年初来安値 567.0(17/04/17)

 ジャスダックの東洋合成工業(4970)が急伸。一時は前日比100円ストップ高となる680円まで上昇。午前10時30分現在、同水準での買い気配となっている。「構造接着に利用できる樹脂硬化・硬化促進剤を開発した」と21日付化学工業日報で紹介され、これが買い材料視されたようだ。

 報道によると、加熱により硬化を開始し、硬化後は透明で高い接着力を有する硬化膜を形成することができる技術を開発した。半導体チップや自動車などの構造接着を中心に開発を本格化させ、早期の採用を目指しているという。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 16.19倍 PBR 1.49倍 予想配当利回り 0.76%
市場 JQスタンダード 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

東洋合成工 (4970)

ページトップ