きょうの動意株

ヤフーが急反落、今3月期も営業減益見通しで見切り売り増加

4689 ヤフー 株価チャート
10/20
15:00
時点

531

前日比
+6(+1.14%)

年初来高値 559.0(17/03/16)
年初来安値 446.0(17/01/04)

 ヤフー(4689)が急反落。下落率が10%を超える場面も見られており、午後1時29分時点では前日比52円(9.9%)安の473円で東証1部の値下がり率銘柄ランキングのトップとなっている。

 26日の通常取引終了後に発表した前2017年3月期の連結決算(IFRS)が2ケタ減益と不振だったうえ、今2018年3月期についても営業減益の見通しを明らかにしており、これを受けて内外機関投資家や個人投資家から幅広く見切り売りが出ている。今期の営業利益は1750~1850億円になると予想しており、前の期比15%減の1920億円だった前期実績からさらに減少する見込み。

 前期はアスクルの物流センターの火災による損失額130億円が利益押し下げ要因となっており、今期はこれがなくなるものの、eコマース事業強化のための販売促進費の増加などが響き営業減益が避けられないと会社側では見ている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 23.50倍 PBR 3.25倍 予想配当利回り 1.67%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

ヤフー (4689)

ページトップ