きょうの動意株

東映アニメが続伸、「ドッカンバトル」好調で前3月期上方修正

4816 東映アニメーション 株価チャート
10/23
15:00
時点

10,690

前日比
+10(+0.09%)

年初来高値 12,160.0(17/10/02)
年初来安値 5,750.0(17/01/31)

 ジャスダックの東映アニメーション(4816)が続伸。一時は前日比230円(3.6%)高の6610円まで上昇した。27日引け後に前2017年3月期業績の着地見通しと配当予想を上方修正し、買い材料視された。

 営業利益は過去最高の101億3000万円(前の期に比べ32.7%増)になったもよう。従来予想は77億円だった。アナリスト予想の平均91億7300万円を上回ったようだ。「ドラゴンボールZドッカンバトル」をはじめとする各種アプリゲームが国内外で好調を維持したという。同時に、期末一括配当の年間配当予想を前回の1株当たり30円から、特別配当100円を加えて130円に増額した。

 決算発表は5月12日の予定。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 18.71倍 PBR 2.83倍 予想配当利回り 0.75%
市場 JQスタンダード 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

東映アニメ (4816)

ページトップ