きょうの動意株

フタバ産業が7年ぶり高値、前期利益が予想を上回って着地

7241 フタバ産業 株価チャート
10/23
15:00
時点

1,225

前日比
+30(+2.51%)

年初来高値 1,278.0(17/09/28)
年初来安値 659.0(17/01/18)

 フタバ産業(7241)が4連騰し、3月17日に付けた年初来高値865円を一気に更新した。900円台は2010年1月以来7年ぶりで、午後1時20分現在は制限値幅上限の前日比150円(19.2%)高の931円ストップ高で推移している。東証1部の値上がり率銘柄ランキングでトップ。27日引け後に発表した前2017年3月期連結決算と今18年3月期の業績予想が好感されている。

 前期の営業利益はその前の期の2.88倍の89億7600万円と従来予想の55億円を上回って着地。純利益も従来の33億円から48億0600万円に上振れた。その前の期は11億9500万円の赤字だった。北米でトヨタ向けの自動車マフラーの販売が伸びたほか、国内事業の合理化も想定以上に進んだ。

 今18年3月期の営業利益は90億円(前期比0.3%増)、純利益は60億円(同24.8%増)となる見通し。生産体制の見直し、生産効率の向上、原価改善の推進、サプライチェーンの見直し、物流費の低減などに取り組むとしている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 11.56倍 PBR 2.02倍 予想配当利回り 0.24%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

フタバ産 (7241)

ページトップ