決算発表で続出、 "高寄り"銘柄の傾向と対策

「5万円以下の高寄り株」が狙い目?

中原 良太
Graphs / PIXTA(ピクスタ)

 新年度に入ってからあっという間に1カ月が経ち、ゴールデン・ウィークがやってきました! 相場が動かない連休は、年末年始とゴールデン・ウィークだけですので、羽を伸ばせる滅多にない機会ですね。

 ぼくは相場が大好きなので、連休中にも相場の分析をしています。いまも「連休明けには、どんな株を買えば利益を出しやすいのだろう?」と、真剣に考えていたところです。

 5月相場というと、「セル・イン・メイ」という言葉もあるぐらいで、利益を出しづらい時期としても有名です。ちなみに、過去の記事で、5月以降の軟調な相場でも上昇しやすい業種を調べたことがあります。ぜひ、こちらもご参照ください!

好決算銘柄の値動きの特徴とは?

 また、4月末から5月にかけては、日本株市場では決算発表が本格化します。決算内容が良ければ株価が急伸することも多いですし、悪ければ急落する。極端な値動きをしている個別株も目立っています。決算は直前まで結果が予想できないだけに、うかつに株には手を出せないですよね。

 しかし、目の前で急伸していく銘柄を、指をくわえて眺めているだけというのも辛いものがあります。そこで今回は、決算発表直後に利益を出せそうな投資戦略を考えてみることにしました。

 では、具体的にはどのような指標に着目すれば良いのでしょうか。

ページトップ