きょうの動意株

GMOペイがストップ高、情報流出問題の報告書で悪材料出尽くし

3769 GMOペイメントゲートウェイ 株価チャート
10/20
15:00
時点

8,120

前日比
-30(-0.37%)

年初来高値 8,250.0(17/10/19)
年初来安値 4,620.0(17/04/24)

 GMOペイメントゲートウェイ(3769)が急騰した。前引けは、制限値幅上限の前営業日比700円(14.23%)高の5620円ストップ高買い気配となった。いったん同値で値を付け、東証1部の値上がり率3位に浮上したが、その後も買い注文が流入しており、午前9時40分以降は値付かずの展開となった。 

 1日に不正アクセスによる情報流出問題に関する調査報告書を開示したことから、悪材料出尽くしとの見方が広がった。また、同時に発表した2017年9月期上期(16年10月~17年3月)決算は情報セキュリティ対策費用を計上し純利益が前年同期比5.9%減の10億8400万円となったが、営業利益が同35.0%増の25億3600万円で着地し本業ベースでの収益拡大が確認できたことも買い材料となった。モルガン・スタンレーMUFG証券は、投資判断を「アンダーウエート(弱気)」から「イコールウエート(中立)」に引き上げた。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 107.69倍 PBR 16.61倍 予想配当利回り 0.46%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

GMOペイ (3769)

ページトップ