きょうの動意株

武田薬品が2日ぶり年初来高値、今3月期予想が市場予想を上回る

4502 武田薬品工業 株価チャート
10/20
15:00
時点

6,326

前日比
-9(-0.14%)

年初来高値 6,362.0(17/10/19)
年初来安値 4,664.0(17/01/23)

 武田薬品工業(4502)が反発して2日ぶりに年初来高値を更新。午前10時20分時点では前日比111円(2.0%)高の5600円となっている。10日引け後に今2018年3月期の連結純利益が前期比20%増の1380億円になる業績見通しを公表。これが事前のアナリスト・コンセンサス(1180億円程度)を上回る内容だったため、内外機関投資家などからの買い注文が増加した。

 主力の潰瘍性大腸炎・クローン病治療剤「エンティビオ」など収益性の高い製品が米国などで伸びる見込み。長期収載品事業(特許切れ医薬品)をイスラエル企業との合弁会社、武田テバ薬品に移管した影響などで売上高は3%減の1兆6800億円と続落するものの、試薬子会社の和光純薬工業の売却に伴う株式売却益なども利益水準を押し上げる。為替は1ドル=110円、1ユーロ=120円を前提としている。米利上げ観測の高まりなどを背景に世界景気の先行き警戒感も広がりつつあり、その影響を受けにくいディフェンシブ性も買い安心感につながっている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 35.22倍 PBR 2.61倍 予想配当利回り 2.85%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

武田薬 (4502)

ページトップ