きょうの動意株

横河電機が新値、設備投資拡大で18年3月期は収益回復見通し

6841 横河電機 株価チャート
10/20
15:00
時点

2,031

前日比
-5(-0.25%)

年初来高値 2,075.0(17/10/16)
年初来安値 1,616.0(17/04/19)

 横河電機(6841)が急伸し、1月27日に付けた年初来高値1900円を更新した。午後1時26分現在、前日比136円(7.54%)高の1940円と東証1部の値上がり率上位20位内にランクインしている。一時は、1993円まで買われる場面があった。 

 10日発表の今2018年3月期の連結業績予想を好感した。営業利益は360億円(前期比13.9%増)、純利益は270億円(同4.8%増)の見通し。主力の制御事業で、海外を中心にエネルギー・素材関連企業の設備投資に前向きな変化がみられるとしている。

 国内はじめ資源輸入国で、原燃料コストの低下の恩恵を受ける企業部門などに継続的な投資が期待されるとしている。前17年3月期の営業利益はその前の期に比べ20.3%減の316億0800万円、純利益は同14.6%減の257億5900万円にとどまったが、今期は収益回復する。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 20.21倍 PBR 2.12倍 予想配当利回り 1.48%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

横河電 (6841)

ページトップ