きょうの動意株

三菱UFJなど銀行株が軟調、米金利低下に加え決算発表も警戒

8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 株価チャート
10/20
15:00
時点

727.8

前日比
-6.0(-0.82%)

年初来高値 778.8(17/02/15)
年初来安値 642.2(17/04/17)

 銀行株が軟調。三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)など3メガバンクをはじめ、りそなホールディングス(8308)、横浜銀行などを傘下に持つコンコルディア・フィナンシャルグループ(7186)、千葉銀行(8331)、ふくおかフィナンシャルグループ(8354)など地銀株も下落するものが増加。三菱UFJは午前10時9分時点で前週末比11.9円(1.6%)安の718.1円となっている。

 12日に発表された4月の米小売売上高が前月比0.4%増と事前予想の0.6%増を下回り、同月の米消費物価指数(CPI)も変動が大きいエネルギーと食品を除いたコア指数の伸びが前年同月比1.9%上昇にとどまり、2015年10月以来1年半ぶりに2%を下回った。これらを受け米国市場では債券が売られて金利が低下。長期金利の指標である10年物国債利回りは前日比0.06%低い2.32%で取引を終えていた。同日のニューヨーク市場でも金融株が総じて軟調な値動きで、この流れがきょうの東京市場にも波及している。

 きょう、決算発表を行う予定のメガバンクについては今2018年3月期の業績予想で厳しい見通しを示すのではないかという警戒感も買い手控えにつながっている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 10.75倍 PBR 0.64倍 予想配当利回り 2.47%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

三菱UFJ (8306)

ページトップ