清水建設の今期は大型工事の完成少なく営業減益

ただ会社計画は慎重

真城 愛弓
2017年05月16日

清水建設(1803)の今2018年3月期は、手持ちの大型工事の完成が少ない端境期となるため、営業減益となる見通しだ。同社が5月11日に発表した17年3月期決算は、………

¥ この記事は有料コンテンツです。
ベーシックプラン以上にお申し込みいただきますとお読みいただけます。

記事中の会社を詳しく見る

清水建 (1803)

ページトップ