きょうの動意株

銀行株が下落、米政治情勢懸念した金利低下で売り増加

8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 株価チャート
10/20
15:00
時点

727.8

前日比
-6.0(-0.82%)

年初来高値 778.8(17/02/15)
年初来安値 642.2(17/04/17)

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)や三井住友フィナンシャルグループ(8316)など3メガバンクのほか、多くの地銀株を含めて銀行株が下落している。三菱UFJは午前9時39分現在、前日比27.7円(3.9%)安の681.8円で売買代金は東証1部の個別銘柄で2位。地銀では横浜銀行などを傘下に持つコンコルディア・フィナンシャルグループ(7186)や千葉銀行(8331)、ふくおかフィナンシャルグループ(8354)、京都銀行(8369)などが3%を超える下落率となっている。

 17日のニューヨーク市場で債券が買われて長期金利が低下。きょうの東京市場でも債券価格が上昇(金利は低下)して始まっており、金利上昇による利ザヤ回復への期待が後退。これを受けて外国人をはじめ国内機関投資家や個人など幅広い投資家から売り注文が増えている。米国ではトランプ大統領のロシア関与疑惑などを背景に政策運営の先行き不透明感が強まり、市場が期待していた景気刺激策の審議や具体化がさらに遅れるという見方が浮上、これが安全資産である債券買いを促し、金利が低下する状況となっている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 10.75倍 PBR 0.64倍 予想配当利回り 2.47%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

三菱UFJ (8306)

ページトップ