きょうの動意株

クラリオンが大幅反落、外国証券が投資判断を引き下げる

6796 クラリオン 株価チャート
11/24
15:00
時点

453

前日比
0(0.00%)

年初来高値 475.0(17/03/21)
年初来安値 380.0(17/05/24)

 クラリオン(6796)が大幅反落し、一時、4月9日以来の400円割れとなる場面があった。午後0時40分現在、前営業日比15円(3.61%)安の400円と東証1部の値下がり率4位で推移している。 

 クレディ・スイス証券が19日付で投資判断を「アウトパフォーム(強気)」から「ニュートラル(中立)」に引き下げ売り材料視された。目標株価は450円を継続した。同証券では、「18年3月期は研究開発費増などで、業績が足踏みとなる可能性が高く、中期成長を再度織り込み始めるには時間がかかる」としている。同証券ではさらに、「自動運転時代に向けた次世代製品の売り上げ貢献は数年後で、受注獲得となれば、研究開発費用の増加懸念もある」としている。同証券による営業利益予想は18年3月期が130億円から107億円に下振れした。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 18.27倍 PBR 2.92倍 予想配当利回り 0.66%
市場 東証一部 売買単位 1000 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

クラリオン (6796)

ページトップ