きょうの動意株

日航とANAが軟調、原油高や英国の爆発事件受け見切り売り

9201 日本航空 株価チャート
11/22
15:00
時点

4,050

前日比
+7(+0.17%)

年初来高値 4,176.0(17/11/09)
年初来安値 3,225.0(17/06/01)

 日本航空(9201)とANAホールディングス(9202)の空運2社が軟調。日本航空は午前11時17分時点では前日比58円(1.7%)安の3329円となっている。

 主要産油国による減産延長の観測から足元で原油相場が上昇傾向にあり、燃料油コストの増加が収益圧迫要因になるという警戒感が浮上している。22日のニューヨーク市場で原油先物相場は4日続伸し、指標のWTI期近の6月物は前週末比0.40ドル高の1バレル50.73ドルで取引を終えていた。また、英国では22日午後(日本時間23日午前)にコンサート会場で爆発事件が発生。多くの死傷者が出ており、地元警察がテロ事件として捜査を開始したことも航空旅客需要の減少につながりかねないとして警戒する向きもあるようだ。とくに日本航空については会社側が今2018年3月期に2ケタ減益を見込んでいることもあり、このところ内外からの見切り売りに押される展開となっている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 11.84倍 PBR 1.47倍 予想配当利回り 2.59%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

JAL (9201)

ページトップ