きょうの動意株

田辺工業が2週間ぶり年初来高値、今期も最高益でPER7倍台

1828 田辺工業 株価チャート
11/17
15:00
時点

1,002

前日比
-3(-0.30%)

年初来高値 1,077.0(17/11/06)
年初来安値 465.0(17/01/04)

 中堅の総合プラント工事会社で東証2部上場の田辺工業(1828)が4日続伸で5月9日につけた年初来高値を2週間ぶりに更新。午後1時48分時点では前日比24円(2.9%)高の864円となっている。

 エネルギー関連や既存設備の改造、改修工事などを中心に産業プラント設備工事が好調。民間プラント保全工事が主体の設備保全工事も定期改修や既存設備の維持・修繕工事等の受注が伸びており、今2018年3月期の連結業績は売上高が前期比6%増の325億円、当期純利益は微増の12億円を見込み。前期に続いて過去最高益を更新する見通しだ。

 当社は4月1日付で1株を2株に分割したが、今期の1株利益も112.1円に拡大する見通し。年間配当は実質横ばいの20円を予想しており、これらを基にした昨日終値でのPERは7.4倍、配当利回りは約2.4%などとなっており、バリュエーション面の割安感が個人投資家の買い安心感を誘っている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 8.95倍 PBR 0.85倍 予想配当利回り 2.00%
市場 東証二部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

田辺工 (1828)

ページトップ