きょうの動意株

任天堂が8年ぶり高値、外資系証券は目標3万8000円と

7974 任天堂 株価チャート
11/24
15:00
時点

46,610

前日比
+1,600(+3.55%)

年初来高値 46,610.0(17/11/24)
年初来安値 22,005.0(17/02/01)

 任天堂(7974)が反発して4日連続で年初来高値を更新した。「ポケモンGO」人気で昨年7月に付けた高値も一気に更新し、2009年1月以来8年4カ月ぶりの高値水準まで上昇。午後1時11分時点では前日比1050円(3.3%)高の3万2820円で取引されている。売買代金は東証1部で2位のソフトバンクを引き離してトップとなっている。

 新型ゲーム機「Nintendo Switch」の販売好調が引き続き手掛かり材料となっているが、きょうはモルガン・スタンレーMUFG証券が25日付で同社株の投資判断を「オーバーウエイト」(強気)のまま目標株価を従来の3万3000円から3万8000円に引き上げたことが刺激材料になった。

 同証券ではレポートにおいて、「引き続き主力タイトルがSwitch販売を押し上げる見通し」と指摘。会社側の販売予想などをかなり保守的と見ており、18年3月期について同証券はSwitchハードの予想販売台数を870万台から1200万台に上方修正。同期の営業利益を939億円から1019億円に、19年3月期の同利益予想も従来の1552億円から2205億円にそれぞれ増額した。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 77.68倍 PBR 4.48倍 予想配当利回り 0.77%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

任天堂 (7974)

ページトップ