きょうの動意株

FDKが大幅反発、「鉄でリチウム電池材料開発」で連想働く

6955 FDK 株価チャート
11/17
15:00
時点

235

前日比
+5(+2.17%)

年初来高値 328.0(17/10/19)
年初来安値 92.0(17/01/23)

 東証2部のFDK(6955)が大幅反発した。午後1時58分現在、前週末比8円(6.56%)高の130円で推移している。一時は133円まで買われる場面があった。富士通研究所が希少金属(レアメタル)のコバルトに代わって安価な鉄を使うリチウムイオン電池用の正極材料を開発したと一部で伝えられたことが買い材料となった。今回の開発にFDKは直接は関与していないもようだが、同じ富士通グループの電池部門として、同社の収益拡大につながるとの思惑を呼んだ。2月27日には、富士通研究所と共同で、安全性の高い全固体電池の正極材料を開発したと発表したことも、今回の株価動意の伏線となった。株価100円台と手掛けやすいこともあって、前週末の20倍以上の716万株超の商いをこなしている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 167.86倍 PBR 16.79倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証二部 売買単位 1000 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

FDK (6955)

ページトップ