きょうの動意株

デュアルタップが急反発、不動産仲介で仮想通貨決済を導入

3469 デュアルタップ 株価チャート
11/17
15:00
時点

1,962

前日比
+3(+0.15%)

年初来高値 2,770.0(17/03/10)
年初来安値 1,420.0(17/01/18)

 ジャスダックのデュアルタップ(3469)が急反発した。午後1時26分現在、前日比135円(6.71%)高の2147円で推移している。一時は制限値幅上限の500円(24.85%)高の2512円ストップ高まで買われる場面があった。 

 子会社のデュアルタップ・プロパティ・マネジメントが、コインチェック(東京都渋谷区)の提供する決済サービス「Coincheck payment」を導入し、仲介手数料のビットコイン決済を開始すると発表し、買い材料視された。

 デュアルタップが都内で運営する不動産仲介店舗で導入する。仮想通貨決済の運用実績を増やし、将来的に不動産販売事業での仮想通貨決済を目指していくとしている。リミックスポイント(3825)が連日でストップ高に買われるなど最近、株式市場では仮想通貨関連株が買われており、デュアルタップにも同様に物色の矛先が向かった。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 8.48倍 PBR 1.60倍 予想配当利回り 1.53%
市場 JQスタンダード 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

デュアルT (3469)

ページトップ