きょうの動意株

任天堂は売り買い交錯、国内証券は4万4000円目標と

7974 任天堂 株価チャート
11/24
15:00
時点

46,610

前日比
+1,600(+3.55%)

年初来高値 46,610.0(17/11/24)
年初来安値 22,005.0(17/02/01)

 任天堂(7974)は売り買い交錯で小動き。朝方は3営業日続伸して始まったが、一巡後は当面の利益を確定する売り物に押されて下落に転じる場面もみられている。午後1時30分時点では前日比40円(0.1%)高の3万3990円となっている。

 きょうはみずほ証券が当社株に対する「買い」の投資判断を継続し、目標株価を4万円から4万4000円に引き上げたことを買い手掛かりにする動きもあるもよう。同証券ではレポートにおいて「株価は順調に上昇中、『ポケモンGO相場』の高値3万2700円を通過したが、『スイッチ相場』は始まったばかり」と強調。

 2019年3月期の連結営業利益の予想を従来の2000億円から2200億円に上方修正。「翌期コンセンサス予想ベースのPERの過去推移から、プラットフォームサイクルで将来期待を織り込む時期の妥当レンジ(17倍~27倍)の上限程度をめどとして適用し、PER27.5倍に相当する4万4000円という目標株価を示している。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 77.68倍 PBR 4.48倍 予想配当利回り 0.77%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

任天堂 (7974)

ページトップ