きょうの動意株

秋田銀など地銀株に新安値が増加、将来展望見えず買い手乏しい

8343 秋田銀行 株価チャート
11/17
15:00
時点

3,050

前日比
-15(-0.49%)

年初来高値 3,930.0(17/01/04)
年初来安値 3,040.0(17/11/17)

 秋田銀行(8343)や岩手銀行(8345)、十六銀行(8356)、ほくほくフィナンシャルグループ(8377)、中国銀行(8382)、十八銀行(8396)など地銀株に年初来安値を更新するものが増加。秋田銀は連日の安値更新で午後1時54分時点では前日比3円(0.9%)安の322円となっている。

 米トランプ政権とロシアとの不透明な関係をめぐる「ロシアゲート」問題の拡大などを背景に大規模な景気刺激策への期待感が後退し、米金利は上昇しにくい状況が続いている。これを受けて国内の長期金利も引き続き低位安定。日銀による長短金利操作を中核とする低金利政策がさらに長期化する公算が意識されており、資金利ザヤがおもな収益源である地方銀行の経営環境は厳しい状況が続く見通し。

 「とくに人口減少が進む地域を地盤とし、業界再編の流れとも一線を画したままの地銀は将来展望が見えない」という声が聞かれており、積極的な買い手が乏しくなっている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 13.79倍 PBR 0.32倍 予想配当利回り 2.30%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

この記事を読んだ人へのイチ押し記事

記事中の会社を詳しく見る

秋田銀 (8343)

ページトップ