きょうの動意株

JDIが後場に一段安、業績懸念で6カ月半ぶりの200円割れ

6740 ジャパンディスプレイ 株価チャート
11/22
15:00
時点

199

前日比
0(0.00%)

年初来高値 364.0(17/01/05)
年初来安値 174.0(17/08/14)

 ジャパンディスプレイ(6740)が後場に一段安。5月12日につけた年初来安値を更新して昨年11月9日以来およそ6カ月半ぶりに200円台を割り込んできた。午後2時1分時点では前日比4円(2.0%)安の199円となっている。

 とくに新規の売り材料が出たわけではないが、収益回復の遅れを懸念した内外投資家からの見切り売りが断続的に出て株価水準を押し下げている。5月10日の前2017年3月期の決算発表に際して公表した今2018年3月期の第1四半期(17年4~6月期)連結業績予想では売上高が前年同期比3%増の1800億円と増加するが、営業損益は150億円の赤字(前年同期は34億円の赤字)を見込んでいた。会社側では開示していないものの、主力のスマートフォン向けパネルの販売環境が厳しく、今18年3月期通期も4年連続で最終赤字が避けられないのではないかとみる市場関係者も増えているようだ。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR 0.37倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

Jディスプ (6740)

ページトップ