きょうの動意株

積水化学が上場来高値更新、医薬品原料会社の設立も材料視

4204 積水化学工業 株価チャート
11/24
15:00
時点

2,190

前日比
+4(+0.18%)

年初来高値 2,350.0(17/10/30)
年初来安値 1,732.0(17/04/17)

 積水化学工業(4204)が5日続伸で5月10日につけた上場来高値をおよそ3週間ぶりに更新。大引け段階では前日比22円(1.1%)高の2019円となった。1日引け後に創薬会社のペプチドリーム(4587)が当社や塩野義製薬(4507)と共同で医薬品原料「特殊ペプチド」を製造販売する新会社を設立する準備に入ったと発表しており、手掛かり材料視する向きがあるようだ。

 もともと足元の業績は好調。主力の高機能樹脂などの販売増が寄与して今2018年3月期は連結売上高が前期比4%増の1兆1040億円、当期純利益も4%増の630億円と、5年連続で最高益を更新する見通し。年間配当を前期から3円増やすほか、160億円を上限とする自社株買いも実施中で、これらの好実態が内外機関投資家からの継続的な買いを促している面も強い。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 16.36倍 PBR 1.91倍 予想配当利回り 1.74%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

積水化 (4204)

ページトップ