きょうの動意株

大光がストップ高、株式分割を好感して1週間ぶり上場来高値

3160 大光 株価チャート
11/24
15:00
時点

1,061

前日比
+7(+0.66%)

年初来高値 1,639.0(17/06/30)
年初来安値 392.0(17/01/04)

 中京地区が地盤の食品卸である大光(3160)が急騰。値幅制限いっぱいとなる前日比300円(25.2%)ストップ高の1489円まで上昇して1週間ぶりに上場来高値を更新。午前10時15分時点では同水準で買い気配となっている。

 5日の引け後に6月30日を基準日として1株を2株に分割すると発表。同時に保有株式数に応じてQUOカードを贈呈する株主優待制度を拡充する方針も明らかにしており、これらを好感した買い注文が寄り付き段階から増加した。当社株は5月22日付でそれまでの東証2部から1部へと上場市場が変更されたばかり。もともと安定した業態で相場らしい相場がなかったうえ、内外機関投資家の保有が少なく上値での売り圧力は限定的。PERなど株価指標にも割高感はなく、新規の資金流入に対応できるだけの売り物がないことが上げ幅の拡大につながっているとみられる。今月末でのTOPIX(東証株価指数)算入に伴う買い需要を先取る動きもあるようだ。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 20.29倍 PBR 4.44倍 予想配当利回り 0.66%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

大光 (3160)

ページトップ