きょうの動意株

協栄産業が急動意、床下・設備点検ロボットの販売開始

6973 協栄産業 株価チャート
11/22
15:00
時点

2,274

前日比
+31(+1.38%)

年初来高値 4,880.0(17/07/28)
年初来安値 1,510.0(17/04/13)

 協栄産業(6973)が4連騰した。一時は217円まで買われる場面があり、1月23日に付けた年初来高値207円を更新した。午後1時30分現在、前日比17円(9.71%)高の192円と東証1部の値上がり率5位で推移している。 

 5日に、トピー工業(7231)と共同で床下・設備点検ロボットシステムの販売を開始したと発表し、買い材料視された。床下・設備点検ロボットシステムは、トピー工業の新型点検ロボットと、協栄産業のタブレット点検ツールで構成され、点検業務の省力化や合理化を支援するとしている。タブレットでロボットを操縦し、床下や設備、危険区域を安全・確実に点検しながら、簡単に点検レポートが作成できるとしている。株価低位で手掛けやすいこともあって、出来高はすでに前日の30倍以上の217万株強に達している。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 72.65倍 PBR 0.48倍 予想配当利回り 2.64%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

協栄産 (6973)

ページトップ