きょうの動意株

ジーンテクノSが後場強含む、幹細胞治療を事業化し新会社設立

4584 ジーンテクノサイエンス 株価チャート
11/21
15:00
時点

1,779

前日比
+6(+0.34%)

年初来高値 1,998.0(17/11/16)
年初来安値 1,078.0(17/09/13)

 東証マザーズのジーンテクノサイエンス(4584)が後場に入りプラス転換した。前引けは前日比15円安の1240円だったが、午後1時05分現在、前日比9円(0.72%)高の1264円で推移している。一時は1330円まで買われる場面があった。 

 本日午前11時30分に、アインホールディングス(9627)などと共同で、5月22日に幹細胞治療の事業化を目的に新会社を設立したと発表し、買い材料視された。新会社名はミネルヴァメディカ(札幌市)で、札幌医科大学と共同研究契約を締結し、糖尿病性腎症の自己骨髄間葉系幹細胞を用いた治療法の実用化研究を行う。すでに動物実験で一定の効果が実証されており、研究の成果を生かして安定した細胞製造体制の整備や安全で効果的な治療法を確立し、再生医療等製品としての承認取得・上市を早期に目指すとしている。アインホールディングスは2018年4月期の業績予想が市場予想を下回ったことから急落しているが、新会社設立もあって、後場に入り下げ渋る展開となっている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR 4.90倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証マザーズ 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

ジーンTS (4584)

ページトップ