きょうの動意株

「5G」通信関連株が上昇、サイバーコムはストップ高買い気配

3852 サイバーコム 株価チャート
11/22
15:00
時点

1,062

前日比
-5(-0.47%)

年初来高値 1,176.0(17/06/08)
年初来安値 853.0(17/01/04)

 通信機器関連のソフトウェア開発を手掛けるサイバーコム(3852)が値幅制限いっぱいの前日比150円(15.2%)ストップ高まで買われているほか、通信系計測器が主力のアンリツ(6754)や東証2部上場のアルチザネットワークス(6778)など、次世代の超高速無線通信「第5世代(5G)」関連銘柄に上昇するものが目立つ。サイバーコムは午後2時2分時点でもストップ高水準の1137円で買い気配となっている。

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯大手3社が2020年に「5G」の商業利用を一部で開始し、それが2023年にも全国へ広がると一部に報じられたことが手掛かり材料。これによって恩恵を受けると見込まれる関連銘柄を物色する動きが広がった。8日に予定される米連邦捜査局(FBI)のコミー前長官の議会証言や英総選挙など複数の重要イベントを目前に控え、全般は模様眺めムードの強い地合いとなっており、この中で海外景気や為替相場などの影響を受けにくい内需系の分かりやすいテーマ株には短期の値幅取りを狙う個人投資家などの買いが入りやすくなっている。ジャスダック市場でも通信系のシステム開発を手掛けるアイレックス(6944)やネクストジェン(3842)が人気化している。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 24.61倍 PBR 2.08倍 予想配当利回り 1.63%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

サイバコム (3852)

ページトップ