きょうの動意株

東建コーポが連日の上場来高値、今4月期も最高益更新へ

1766 東建コーポレーション 株価チャート
11/22
15:00
時点

13,820

前日比
0(0.00%)

年初来高値 15,760.0(17/08/23)
年初来安値 7,870.0(17/02/03)

 東建コーポレーション(1766)が大幅に3日続伸して株式分割を考慮した実質ベースで連日の上場来高値更新。午前11時15分時点では前日比1470円(14.1%)高の1万1900円となっている。13日の引け後に発表した前2017年4月期の連結決算が予想から上振れ着地したうえ、今18年4月期も連続の最高益更新を見込んでいることが明らかになり、買い安心感が広がった。

 超低金利の追い風が続いて主力の建設事業のほか賃貸事業も堅調に推移しており、今4月期は売上高が前期比8%増の3296億円、当期純利益も5%増の136億円に拡大する見通し。年間配当は前期から50円増の180円とする方針。1017円の予想1株利益を基にした昨日終値(1万0430円)でのPERは10.2倍に低下して割安感が強まった。株価水準が1万円台に乗せてきたことで一部では株式分割への期待感も浮上しているようだ。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 13.11倍 PBR 2.41倍 予想配当利回り 1.30%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

東建コーポ (1766)

ページトップ