きょうの動意株

第一生命など保険株が下落、米長期金利低下で運用環境悪化懸念

8750 第一生命ホールディングス 株価チャート
11/24
15:00
時点

2,198.5

前日比
-16.0(-0.72%)

年初来高値 2,348.5(17/03/10)
年初来安値 1,693.0(17/09/08)

 第一生命ホールディングス(8750)やかんぽ生命保険(7181)、MS&ADインシュアランスグループホールディングス(8725)、東京海上ホールディングス(8766)など保険株がそろって下落。第一生命は午前11時18分時点で前日比45.5円(2.3%)安の1924.5円となっている。TOPIX(東証株価指数)業種別指数において「保険業」は全33業種中で下落率3位。

 FOMC(米連邦公開市場委員会)の結果が明らかになった14日のニューヨーク市場では低調な経済指標の発表を受けて債券相場が上昇。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは前日比0.09%低い(価格は高い)2.12%と、昨年11月9日以来およそ7カ月ぶりの低水準で取引を終えていた。5月の消費者物価指数(CPI)や小売り売上高などが事前の市場予想を下回り、FRB(米連邦準備理事会)が想定するような今後の利上げが難しくなるという観測が広がった。米金利の低下は資金運用環境の悪化につながるとして保険株には外国人投資家などの売り注文が増加している。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 11.66倍 PBR 0.82倍 予想配当利回り 2.05%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

第一生命H (8750)

ページトップ