きょうの動意株

電気硝子が9日ぶり反発し新値、国内証券が投資判断引き上げ

5214 日本電気硝子 株価チャート
11/24
15:00
時点

4,495

前日比
-105(-2.28%)

年初来高値 4,920.0(17/11/08)
年初来安値 3,015.0(17/01/18)

 日本電気硝子(5214)が9日ぶりに大幅反発し、6月5日に付けた年初来高値802円を更新した。前引けは、前日比54円(7.18%)高の806円となった。一時は824円まで買われる場面があった。 

 SMBC日興証券が15日付で投資判断を「2」から「1」に、目標株価を615円から一気に950円に引き上げ、買い材料視された。同証券では、「LCD用基板ガラスを中心とする収益構造から、ガラスファイバー事業を業績拡大のドライバーとする構造へ転換し始めた効果を株価は十分に織り込んでいない」としている。そのうえで、「欧米ガラスファイバー事業の取得に伴うシェア拡大で業績への貢献が顕在化することが、今後の株価のカタリストになる」としている。

 同証券では営業利益予想を2017年12月期が240億円から290億円(会社計画240億円)に、18年12月期が256億円から330億円に、19年12月期は267億円から360億円に引き上げた。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 18.64倍 PBR 0.89倍 予想配当利回り 1.78%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

日電硝 (5214)

ページトップ