日経平均は小幅続伸、6営業日連続で2万円維持 公的資金買いの見方

終値は20円高の2万0153円

ロイター
6月26日、東京株式市場で日経平均は小幅続伸し、6営業日連続2万円の大台に乗せて引けた。前週末の米国株はまちまち、為替も1ドル111円台前半と外部環境に大きな変化はなく、朝方は売りに押される場面もあった。写真は都内で2015年8月撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 26日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は小幅続伸し、6営業日連続2万円の大台に乗せて引けた。前週末の米国株はまちまち、為替も1ドル111円台前半と外部環境に大きな変化はなく、朝方は売りに押される場面もあった。一巡後は小じっかり推移し値がさ株を中心に継続的に買いが入った。ただ、全体的にこう着感の強い相場となり、後場の値幅は26円、東証1部の売買代金は2兆円を下回り、出来高も今年3番目の低水準だった。

TOPIXも続伸。セクター別では、鉱業、その他製品、食料品が上昇率の上位。半面、証券、保険、海運が軟調だった。

材料不足のなか主力株の上昇は限定的で、ゲーム株などテーマ性のある銘柄に資金が集中した。任天堂の売買代金は1419億円で東証1部の売買代金ランキングのトップとなり、2位の三菱UFJ<8306.T>の約3.7倍だった。

日経平均の2万円台が定着している背景について市場では、「年金など公的資金が買い支えている可能性がある。内閣支持率低下や都議選を前に(安倍政権が)株価を意識していることは確かだ」(松井証券の窪田朋一郎シニアマーケットアナリスト)との声が聞かれた。日銀も23日に728億円のETF(上場投資信託)を買い入れている。

個別銘柄では、KLab<3656.T>が反発し年初来高値更新。同社は24日、ブロッコリー<2706.T>と共同開発中のスマートフォン向けリズムアクションゲームの配信が2017年夏に決定したと発表した。収益寄与を期待する買いが先行した。

半面、東芝<6502.T>が続落。東京証券取引所は23日、8月1日付で東芝株の東証2部への指定替えを行うと発表した。2017年3月末時点で債務超過の状態にあることが確認されたため。TOPIX連動型のパッシブ系ファンドなどからの売り需要が警戒された。

東証1部騰落数は、値上がり1104銘柄に対し、値下がりが775銘柄、変わらずが142銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      20153.35 +20.68

寄り付き    20132.81

安値/高値   20119.04─20196.38

TOPIX<.TOPX>

終値       1612.21 +0.87

寄り付き     1611.29

安値/高値    1610.46─1616.07

東証出来高(万株) 139560

東証売買代金(億円) 17505.93

(辻茉莉花)

ReutersCopyright
copyright (C) 2017 Thomson Reuters 無断転載を禁じます

ページトップ