外国人の「クオリティ」株買いは当面続きそう

海外勢動向に詳しい宮島氏に聞く

宮島 秀直
日本市場の先行きを大きく左右するのは外国人投資家のスタンス。彼らは日本株の先行きをどうとらえているのか。海外勢の動向に詳しいパルナッソス・インベストメント・ストラテジーズの宮島秀直チーフ・ストラテジストに聞いた。
パルナッソス・インベストメント・ストラテジーズの宮島秀直チーフ・ストラテジスト(撮影:尾形文繁)

 このところ、海外の年金やETF、投資信託などの日本株に対する投資姿勢が大きく変化している。外国人投資家はこれまで、資金規模の大きさなどから東証株価指数(TOPIX)や日経平均株価などの単純なインデックスに連動する形での投資が多かった。

 しかし、足元では、スマートベータなどを活用して優良株・割安株の選別投資姿勢を強めている。日本株を時価総額の規模に応じて総花的に買うのではなく、業績見通しや財務体質、収益性、ガバナンスなどの面から優れた銘柄、いわゆるクオリティ株を選ぶようになっているのだ。

 日経平均やTOPIXなどの指数が上昇しているとはいえ勢いを欠いているのは、こうした選別買いの姿勢が影響している。日本の株式市場では自動車・金融株などの時価総額ウエイトが高いが、これらは業績の伸びがあまり期待できず投資の対象から外れている。一方、物色されているエレクトロニクスや情報通信などは日本市場における時価総額のウエイトが前者ほど大きくないため、値上がりしても指数に与える影響は小さい。

 成長性などを基準に選別すると、投資対象は超大型株・主力株ではなく中型株以下になってくる。最近、中小型株のパフォーマンスが高いのも、こうした外国人投資家の投資姿勢が影響しているとみられる。

 海外勢の「クオリティ株」への投資はしばらく続きそうだ。収益拡大が期待できるのは中国の経済成長、設備投資に連動したセクターだろう。中国では、鉄鋼などの設備過剰産業をリストラする一方で、半導体やディスプレイ、情報通信といったハイテク産業の育成に力を入れている。となると、これらの分野での製造設備関連や素材・部品関連の需要は一段と拡大するだろう。株式市場ではロボットや工作機械、電子部品、電子材料などの成長・好財務銘柄が買われそうだ。

ページトップ