きょうの動意株

豊和工など防衛関連銘柄が高い、北朝鮮リスクをあらためて意識

6203 豊和工業 株価チャート
11/22
15:00
時点

1,515

前日比
-111(-6.83%)

年初来高値 2,876.0(17/10/17)
年初来安値 609.0(17/01/18)

 石川製作所(6208)や豊和工業(6203)、東京計器(7721)、ジャスダック上場の細谷火工(4274)など一連の防衛関連銘柄に高くなるものが目立つ。豊和工は午前10時31分時点では前日比349円(19.7%)高の2124円で東証1部の値上がり率銘柄ランキングのトップとなっている。

 北朝鮮の外務省高官が米国で25日に放送されたCNN番組内のインタビューで、「李容浩(リ・ヨンホ)外相はわれわれの最高指導者の考えを熟知しており、彼の言葉は文字どおりに受け取るべきだ」などと述べ、同外相が9月に太平洋上で水爆実験を行う可能性を示唆したことをそのまま受け取るべきだと強調。これが北朝鮮をめぐる地政学リスクをあらためて意識させ、関連銘柄に対する個人投資家の資金流入を促す要因になっている。来週からはトランプ米大統領が日中韓など東アジアを歴訪するスケジュールであることも思惑買いを誘う要因になっている面もありそう。

 石川製と豊和工に関してはブラックロック・ジャパンが直近で株式を大量取得したことが明らかになっており、これが需給的な思惑を誘っている面も大きい。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 118.36倍 PBR 1.25倍 予想配当利回り 1.32%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

豊和工 (6203)

ページトップ