きょうの動意株

国際帝石など石油関連株が続伸、原油相場の上昇が追い風に

1605 国際石油開発帝石 株価チャート
11/22
15:00
時点

1,296.0

前日比
+16.5(+1.29%)

年初来高値 1,362.5(17/11/10)
年初来安値 988.0(17/05/31)

 国際石油開発帝石(1605)や石油資源開発(1662)といった原油・ガス開発会社をはじめ、JXTGホールディングス(5020)、出光興産(5019)、昭和シェル石油(5002)など元売り、三菱商事(8058)や三井物産(8031)などの総合商社を含め石油関連株が続伸。国際開発帝石は連日の年初来高値更新で午前9時15分現在では前日比38.5円(3.0%)高の 1311.5円となっている。

 中東情勢の緊迫化などを背景に原油相場の上昇が続いており、関連企業の収益に追い風になるとして内外機関投資家などからの買い注文がこのところ断続的に流入し、株価水準を押し上げている。6日のニューヨーク原油先物市場では指標となるWTIの期近12月物が3日続伸。前週末比1.71ドル高の1バレル57.35ドルで取引を終了した。

 サウジアラビアなど主要産油国による減産強化などが意識され、一時は57.61ドルまで上昇。2015年7月2日以来、約2年4カ月ぶりの高値を付けている。同日のニューヨーク株式市場でもシェブロンやエクソンモービルといった石油関連株が買われており、この流れがきょうの東京市場にも波及している。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 35.80倍 PBR 0.64倍 予想配当利回り 1.39%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

国際帝石 (1605)

ページトップ