きょうの動意株

加藤製が大幅安、2Q決算不振で外国人や個人から見切り売り

6390 加藤製作所 株価チャート
11/22
15:00
時点

3,160

前日比
+55(+1.77%)

年初来高値 3,800.0(17/11/09)
年初来安値 2,547.0(17/04/17)

 建設用クレーンで国内トップ級の加藤製作所(6390)が大幅安。午前11時11分時点では前週末比545円(14.6%)安の3200円で東証1部の値下がり率銘柄ランキングの首位となっている。

 10日の引け後に発表した今2018年3月期の第2四半期累計(17年4~9月期)連結決算が不振だったことを受け、好決算期待で買い付いていた一部外国人や個人投資家などから見切り売りが増加している。

 直近の第2四半期(17年7~9月期)だけでは売上高が230億5500万円(前年同期比20%増)と伸びたものの、純利益は7億1600万円(同28%減)にとどまった。第1四半期(17年4~6月期)の同利益は8億1500万円(前年同期比2億3000万円の赤字)と好調だったが、第2四半期でブレーキが掛かった格好。累計の同利益も15億3100万円(同2.0倍)で、会社側が公表していた予想数値(17億円)には届いておらず、通期予想(30億円)は据え置いているが、今後の下振れへの警戒感がまとまった手じまい売りを誘っている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 12.37倍 PBR 0.70倍 予想配当利回り 3.01%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

加藤製 (6390)

ページトップ